読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル流儀

簡素生活を加速させる

汚部屋時代から、改善していく方法

f:id:masaya19981:20170224103121j:plain

誰しもが通る道、「汚部屋時代」

この道を避けて通ることはできません。どのようにすれば、綺麗なお部屋にできるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

〜私の汚部屋〜

汚部屋についても、色々あります。

本がただ積んであるだけ。書類がかたまっているだけ。

私の場合は、前者でした。

f:id:masaya19981:20170224101019p:plain

これは中学一年の頃だと思います。

使い込み過ぎて、クリックパッド部分が剥がれております笑

富士通のパソコンも、使いやすいんですけど、今はMacですねぇ。

f:id:masaya19981:20170224101809p:plain

だいぶ綺麗になった部屋、高校の時ですね。

ミニマリストに目覚め始めたころには、ここまで進みました。

f:id:masaya19981:20170224102237p:plain

こちらには自作パソコンが、写っていますね。
だいぶ整理したのですが、まだ汚いのでこのパソコンも処分します。

スポンサーリンク

 

ここまでの部屋掃除で、私は三か条を掲げました。

  • 使わない無駄なプリントや書類を捨てる
  • 一年以上読まない本を売る
  • 大切なモノを写真に収める

第一にレシートや、学校の勉強が終わったプリントなどを捨てる。そして、使わない教科書、学習プリントの塊を捨てていく。

次に中学以来、全く読んでいなかった、パソコン雑誌やモノ系雑誌を売る。

実際に本棚におなざりになっていた雑貨なども、メルカリに売りつつ、写真に収めていました。

 

小さい頃の写真などは、すべてスキャナを借りて、取り込みました。必要に応じて、バインダーなどに保存しましたね。

今でも簡単に画像検索できるよう、パソコンの写真アプリを用いて管理しています。

 

人は誰でも、やろうと思えばできるのです。

先延ばしにすればするほど、足枷をつけているようなもので、捨てる時がなくなってしまうのです。ですから、早めに生前整理のごとく、ある程度カタをつけておくと楽になると思いますよ。

 

私ができたんですから、あなたもできるはずです。数あるミニマリストさんも、汚い部屋から脱出したんでしょうからね。
本当ミニマリストという概念は、日本の古来の考え方から、原点回帰したような感じがしますよ。 

広告を非表示にする

スポンサーリンク